通学中の防犯方法のコツについて教えます

通学  防犯

子供を狙った卑劣な犯罪は残念ながら後を絶ちません。子供が巻き込まれる犯罪の総数は減っているというデータもありますが、強制わいせつなどはそれほど減っていないというデータもあるのでけして油断はできません。通学中には常に危険が潜んでいるものと考え、親は子供にしっかりと防犯意識を植え付けておくべきです。子供にしっかりと犯罪を回避するための術を教えこんでおけば、犯罪に巻き込まれるリスクを大幅に減らすことができるでしょう。地域での見守りや警察の巡回など、さまざまな取り組みがなされてはいますが、やはり最後に自分の身を守るのは子どもたち自身なわけですから、きちんとコツを伝授しておくべきです。コツといってもそんなに難しいものではなく、知っていれば誰でも実行可能なはずです。

なるべく一人にならないことが一番

通学中の防犯対策で一番大事なのは、一人にならないようにすることです。実際に犯罪に遭遇してしまった子供の多くが、単独でいる時に狙われてしまっています。犯罪者からしてみると、大勢でいるよりもやはり単独でいる子供の方が狙いやすいので、子供にできるだけ一人にならないように教えておかなければいけません。小学校の場合、登校する際はだいたい集団で通う場合が多いので安全ですが、下校時などは一人になる場合が多いので注意が必要でしょう。可能な限り友達と一緒に帰るようにさせましょう。どうしても一人になるときは、なるべく人通りの多い道を通らせることが重要です。なんらかの事情で夕方暗くなってからの下校になってしまうような場合は、親が車で迎えにいくようにするなどの配慮も必要になります。

見知らぬ人が声をかけてきたら逃げるように教える

通学中に子供が不審者に声をかけられたという事例は各地で頻発しています。子供には知らない人に声をかけられても絶対についていってはいけないこと、すぐに逃げることを防犯テクニックとして教えておかなければいけません。しかし犯罪者の方も巧妙になっているので注意する必要があります。サングラスにマスクをしているとか、いかにも怪しい人という場合は子供も警戒するものですが、中には名前を呼んで親しく近づいてきたり、「親が入院した」などの嘘を言って連れ去ろうとする犯罪者もいます。子供にはそういう事例もあるのだということをしっかり言って聞かせて、どんなに優しく言葉をかけられたりしても、知らない人には絶対についていってはいけないこと、車などにも乗らないことを叩き込んでおきましょう。そして話しかけられたら、すぐに逃げるようにと教えることも大事です。