通学中の子どもの防犯で大事なこととは

通学  防犯

小学生ぐらいの子供がいると、学校の行き帰りで何か問題が起こらないか心配になるでしょう。一つは、自動車とぶつからないか心配になることも多いです。実際に、大通りを横断するような地域もありますので親としては心配です。もう一つは、悪い人と出会わないか心配になります。やはり、大人と子供では大人の方が知恵はありますので子供を簡単にだますようなこともできなくはありません。そのように考えれば、事前に保護者が対策をとっておくことが重要になるでしょう。とはいえ、一体どのような対策を打てば子供を安全に学校まで連れて行きそして家に帰宅することができるのかが問題になります。そこで、具体的な対策を二つほど見ていくことにします。これにより、安全にそして安心できる通学路の確保が可能です。

必ず大人の目が光っていれば安全

通学路などでは、防犯対策を施さなければいけませんが、単純に大人が目を光らせていればよいわけです。とはいえ、大人も1日中暇な人ばかりではなくほとんどの人は外で働いていたり何らかの用事があります。そのため、なかなかたくさんの大人が通学路に出て子供の見張りをするのは難しいでしょう。そこで、まず毎日数人の保護者が見回りに行くようにします。見回りといっても、個別にいけば問題ありません。少なくとも、大人の目が至る所で光っていれば事前に防犯対策としては十分と言えます。特に、小学校一年生から三年生の低学年は大人がいることで子供自身も安心して通学することが可能になります。ただ問題は、下校時間です。下校時間は、子供によってばらつきがありますので可能なかぎり各保護者が子供を見まもることが重要になります。

人がいなそうなところに大人が立っていること

防犯対策の中で重要なことは、すべての道に大人が立っていることは必要ない点です。それよりも、ポイントを絞っていくことが必要になります。例えば、痴漢などが出ますがこれは人目を気にしながら行いますので、人通りの多いところで行うことはまずありません。それよりも、薄暗い路地や林などが茂っているところは非常に危険といえます。そこで、大人たちが学校に行く途中の道で「ここは危険」と考えるような所をまず見ていきましょう。そのような場所があれば、必ず大人が立っていることが重要になります。また、市町村の方で防犯カメラの設置をしてもらうように促してみることも重要になるでしょう。市町村も、しっかりとした理由があれば予算を付けてカメラを設置してくれる可能性があります。このように、大人自身が積極的に動くことが重要です。