通学中の防犯について心がけておくべきこと

通学  防犯

保育園や幼稚園の場合は、園児が一人で通園するということはまずありませんが、小学校に入学すると一人で通学・下校する機会が増えてきます。また友達などもでき、友人宅に遊びにいったりする機会も増えるでしょう。そうなると犯罪に巻きこまれる可能性も増大しますから、防犯意識を高めておかなければいけません。誘拐や強制わいせつなどの犯罪に万が一遭遇してしまうと、子供の心に大きな傷が残ってしまい、その後の人生にずっと暗い影を落としてしまう可能性があります。「自分の子供は大丈夫だ」という甘い考えは禁物です。どの家の子供にも犯罪に巻き込まれるリスクは潜んでいますから、しっかりと事前に対策を立てて犯罪を抑止しなければいけません。対策を立てておくのとおかないのでは、犯罪に遭う可能性に大きな差が出てきます。

まず基本的なことをしっかりと子供に教え込む

通学中の防犯意識を高めるために、子供に基本的な心構えをよく言って聞かせておきましょう。まずは「知らない人には絶対についていかない」ことは基本中の基本です。これはもう口を酸っぱくして、どんなに優しそうな人だったとしてもついていってはダメだと教えておかなければいけません。しかし名前で呼ばれたりすると、子供は意外と警戒心がとけてしまいやすいものです。犯罪者はどこからか子供の名前を知ってしまうことがあるので、子供の持ち物に名前を記入する時は、あまり目立つところに書くのはやめましょう。知らない人に話しかけられたら、すぐに逃げるということも教えておくべきです。逃げる先は民家やコンビニエンスストアなど、誰か大人がいるところがいいでしょう。また、人通りが少ない場所には極力近づかないようにさせることも大切です。

防犯ブザーを持たせるようにする

通学中の安全を図るために防犯ブザーを子供にもたせておくのは有効です。スイッチを入れれば大きな音が出るので、騒がれることを嫌う犯罪者はそれだけで逃げていく場合も多いですし、周囲に助けを求めることにも繋がります。近年はGPS機能の付いているブザーも出てきており、それだと場所を正確に知らせることができるので便利です。ブザーはできれば通学専用のものを用意し、ランドセルのベルト部分に固定しておくのがベターです。そして遊びに行く際に持ち歩くものは別に与えておきましょう。こうして分けておくと、持っていくのを忘れたりすることがありません。ブザーは電池が切れてしまうと十分な音量が出なくなってしまうので、定期的に電池残量をチェックしておくことも大事です。最低でも1ヶ月に1回は点検しておくべきです。

いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 まもレールのサービスは、通過時刻、利用駅、チャージ残額をお知らせすることができます。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 通学の防犯にはまもレール!その他メリットもございます!